小中学生向け、プログラミング教室開催してきました。

先日、小中学生向けにプログラミング教室を行ってきました。

 

これで、2回目の開催となります。

 

具体的には、Scratchというものを使っています。

Scratchは子ども向けのプログラミング言語です。

 

ブロックを動かしながら、プログラミングを学ぶことができます。

例えば、このような感じのものになります。

 

下は小学校1年生でも、実際に理解することができました。

これは、教えている私もびっくりしました。

 

基本的な受験の問題は、全ての問題に対して、答えが予めきまっています。

 

最初の入門編では、プログラミングの基礎を学んだら、自分で課題を作り、それを解くという課題にしています。

 

結局、日常生活やビジネスの現場になったら、答えが一意ではありません。

自分なりの課題を持って、解く。これの繰り返しです。

 

そういう事を学ぶ一つのきっかけになります。意外と、学ぶ機会がありません。

 

また、2020年、カリキュラムが大きく代わり、テストの傾向も変わると言われていますが、

それにも、対応できると思っています。

 

プログラミングを学び、プログラミングを書き、アプリを開発したりする事は重要ではありません。

それは、本当に好きな子だけがやればいいのです。

 

本当に大切なことは、授業を通し、自分で課題を見つけ、自分の力で解いていくことが大切です。

だからこそ、プログラミングを書くことも大切ですが、検索をして、情報を集め、分析して、課題を解く。

 

これこそが、何より大切だと思っています。