CA藤田晋氏が「今後は英語よりプログラミング教育が大事」

『CA藤田晋氏が「今後は英語よりプログラミング教育が大事」と語る理由~キッズプログラマーアプリ発表会レポ』という記事があったので、共有します。

 

この記事の中で、こう書かれています。

「ITがいろんなビジネスのベースになりつつある中で、プログラマー不足はますます顕著になっている。今後のグローバル社会では英語教育が必須と言われて久しいが、英語よりもプログラミング能力が求められるフィールドの方が幅広いのではないか」

 

英語が限りなく話せても、専門性がなければ、海外では通用しません。(と偉そうに書いてますが、自分はあまり話せません。国際会議2度論文発表していますが)。普通に小学生でも、現地の人は英語を話せますから。

 

ただ、プログラミングが飛び抜けてできれば、海外でも需要は限りなくあると思います。

 

このコンテスト。

自分でアプリを作って、発表する。これは本当に素晴らしいと思います。

 

個人的には、子どももそうですが、ぜひ、大人もプログラミングを学んでほしいと思っています。

今、そういう環境を構築中です。

 

もし、学びたいかたがいれば、ぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です