集客のできるホームページやブログの開発を目指して

ザック(雄大)です。

 

例えば、会社を作りました。ホームページを作りたい。

ホームページを作るスキルがないので、外注します。

外注して満足。終わり。

 

システム開発業者やホームページ制作会社など、ホームページを作った時点で作業が終わりです。

 

リアルの営業でお金を稼ぎ出せる人であれば、名刺代わり、やっている仕事の内容と、住所や連絡先ぐらいを書いておけば問題ありません。

 

ただ、そうでない人。

Webからお問い合わせが欲しい場合はそうも言ってられません。

ブログなり、ホームページなり、更新し、コンテンツを増やしていく過程で、信頼感が生まれていきます。

 

そのためには、「書き続けられる人、更新できる人」でなければなりません。

ホームページやブログのコンセプトや定期的なサポートがあれば、続きやすいです。

それがあって、はじめて、SEOなりが大切になってきます。そこまで、開発する側が踏み込んで、話してくれる人があまりいないというのが実感としてあります。

 

今までの技術に固執すること。これは、私自身も気をつけなければなりません。経営者であり、技術者でもある以上、日々、勉強です。

 

例えば、スマートフォン対応をしないとか、選択肢として、少なくなってきています。特に一般向けのホームページなどは。サービスにもよりますが、今や半分以上はスマートフォンからのアクセスです。

 

だからこそ、スマートフォン対応しないという選択肢は、まずないのです。(業務用でIEだけに特化したとか、例外は除く)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です