初心者がIT業界に行きたい、学びたい!!では、プログラム言語を学ぶ時、結局何学べばいいの?

top_a

IT業界に行きたい!!

プログラミングを書きたい!!

という人に最近出会うケースが多々あります。

プログラミングそのものの認知度が上がっていて、嬉しい限りです。

では、いざ、プログラムを書こうって思うときに、初心者が悩むことがあります。

何の言語を学べばいいのだろうか。

・Java

・C

・JavaScript

・Perl

・Ruby

・PHP

など、たくさんの言語があります。

それぞれ、特徴があって、言語によって、使われる分野も違っていたりします。

だからこそ

人によって、答えが違うでしょう。

会社によっても、答えは違うでしょう。

行きたい会社があれば、そこの会社のエンジニアの方に

何の言語を勉強すればいいのでしょうか?と聞くことが一番でしょう。

もちろん、最初から作りたいものが明確なら、それを学ぶ事をオススメします。

・Iphoneアプリを作りたい

⇒swiftやObjective-Cなど

・Androidアプリを作りたい

⇒Java

など

では、

・身近にエンジニアはいない

・とにかく触ってみたい

・最速で学びたい

という場合、どの言語がいいでしょうか。

私は、PHPという言語をオススメします。

・環境設定が簡単

・簡単にアプリが作れる

・Webまわりの周辺の基礎も一通りさわることができる

(HTMLやCSSなどのデザインまわりや、DBやサーバー周りなど)

・Wordpress(ホームページやブログを簡単に作れるオープンソース)がPHPでできている

というのが理由です。

また、上記にも書きましたが、Webまわりの周辺の基礎も一通りさわることができるので、

やっぱ、DBまわりを深く勉強しようとか、サーバーまわりを深く理解したいとか、PHPではない部分を深く勉強していけばいいと思います。

人によって、考えが違うという人もいると思います。

これって、数学にも似ていると思います。

数学は暗記科目かどうか。

数学できない人は、答えを丸暗記すればいいと思っています。

ただ、丸暗記だと、結局、脳からこぼれ落ちていくので、じゃあどうすればいいのかってなったときに、公式をより、理解しようとか、定理を定義から導こうというようになります。

また、暗記の過程で、理解が深まるケースもあります。

いきなり、理解をするとか、定義から定理を導くとか、

できる人には、それでいいと思うのですが、できない人にとっては、嫌いになってしまう原因になります。

プログラミングも一緒で、できる人は、細かい文法を1つずつ覚えていけばいいと思います。

ただ、それが苦手な人には、まず、アプリ(作品)をいかに自分の力でまず作ってしまう。

そこから、深く学ぶとかでもいいかなと思っています。

初心者や経営者のためのプログラミング家庭教師

をやっています。興味のある方はぜひみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です