全ての相互リンクサイトが悪いわけではない

最近よく聞かれる事例として、

『相互リンクサイトはGoogleからペナルティ(警告)をもらってしまうので、良くない。』

という話を聞かれている人も多いと思います。

 

これは、半分は正しく、半分は嘘です。

少し難しい話になってしまうのですが、Webページは、HTMLというもので記述されています。その中に、nofollowというものがあります。

これは何か。

「nofollow」は、「このページのリンクをたどらない」や「このリンクをたどらない」といった指示を検索エンジンに与える手段の 1 つです。特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用するより引用

要するに、nofollowが入っているものに関しては、リンクを辿らないということです。

相互リンクサイトでnofollowが入っていないものに関しては、マイナス評価になってしまいますが、nofollowが入っているものはGoogleがリンクを辿らないため、ペナルティの対象とはなりません。

 

ただ、相互リンクからの流入はなかなかないので、今現在は一時に比べれば、どんどん減っていっている印象があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です