失敗する仕事を、人は「プロジェクト」と呼ぶ。難しさを知るには。

雄大です。

良い記事を見つけました。

失敗する仕事を、人は「プロジェクト」と呼ぶ

以下、この記事を引用させていただいています。

ITのプロジェクトの成功率はだいたい3割ぐらいだそうです。

その原因として、

すれ違いの原因は、エンジニアじゃない人は、ITプロジェクトをそれほど難しい仕事だと思っていないこと。

と書いてあります。

社長をはじめとする役員さんたちは、これまで成功体験を積み重ねて出世したので、「仕事というのは、原理原則をきちんと守り、積み上げれば成功するものだ」という意識が強いようです。

だから、ITプロジェクトがこんなに波乱万丈で、時には大失敗してしまうことが、腑に落ちません。

IT系の仕事はどんなに知識がある人でも、今までの技術の使いまわしではなく、新しいことに挑戦するケースが多々有ります。また、プロジェクトによって、違うメンバーが入ると同じような仕事でも、大変さが変わってきたりします。そのあたりの理解がプログラミングを触らない人は理解しづらいかもしれません。

失敗する理由としてこう欠かれています。

『期待値がそろっていないのです。』

私も、仕事を何件もすすめて、痛い目にあい、「期待値調整」という言葉を知りました。優秀なコンサルタントの方に教えていただきました。

経営者や外注する人含め、システムに多大な期待をします。
それに応えるように努力はします。

ただ、システムは魔法ではありません。
その裏では、多数のバグや問題を抱えているエンジニアが裏でせっせと機能追加やテストをしています。

だからこそ、システムで、何ができて、何ができないかなど、予め調整しておかなければなりません。私自身、エンジニアなので、起業してから、そんなこともしないといけないのかと、思いましたが、本当に重要です。一度痛い目に合わないと覚えないといけませんが。

また、システムを依頼する側もITに関わる以上はプログラミングを触っておくべきです。
自分で全て開発できるようにしろとは言いません。ただ、少しでも触って理解しておけば、

・エンジニアの苦労
・システムで何が実現できるのか
・どうすれば、描いている機能をエンジニアに伝えやすいか

など考えるきっかけとなり、ITを導入する人とのコミュニケーションが今まで以上に円滑になるでしょう。

・初めての試みだから、先が読めず、リスク満載
・期限や予算が決まっているから、いつもそれに追われる
・混成チームだから、コミュニケーションが難しい
となります。そもそも、ルーティーンワークに比べて、はるかに難しいのです。

見るからに、困難ばかりです。

では、システムを何で作るのでしょうか。

それは、システムの導入により、劇的な効率化をもたらす可能性があるからでしょう。

経営者のためのプログラミング家庭教師という講座を開いています。

興味のあるかたはぜひお問い合わせください。